鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

当院では鉛筆より細い内視鏡(直径5.9mm)を採用して、鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)を施行しています。経鼻内視鏡は図のような挿入ルートから嘔吐反射の原因となる舌根部に触れることがないため、「ウェー、ゲホォー」といった嘔吐反射による苦痛がほとんどなく、会話しながら検査が受けられます。
鎮静剤を使用することなく検査ができますので、検査後すぐに結果を聞いて自分でお車を運転して帰ることができます。高画質画像の最新式のフルデジタル電子内視鏡システムを導入していますので微細な病変も描出され、胃がん・食道がんなどの早期発見にも威力を発揮しています。また、平成25年2月から胃カメラにて慢性胃炎の所見があれば胃潰瘍・胃がんの原因でもあるピロリ菌の検査及びその除菌療法が保険適用になりました。浜松市の胃がん検診は全国に先がけて胃カメラも選択可能です。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡を挿入して大腸を観察する検査です。
当院では 1)左側結腸内視鏡、2)全大腸内視鏡を施行しています。
1)左側結腸内視鏡は特に鮮血(まっ赤な)出血の時、出血の原因を迅速に見つけるために浣腸処置のみで便を排出してから、直腸から主に左側の結腸(下行結腸)まで観察します。
2)全大腸内視鏡検査は前日から食事制限をして検査当日の朝から下剤を約1.8Lゆっくり服用して大腸の中の便を全部出しきってから(前処置といいます)、直腸から盲腸まで観察します。前処置は自宅でする場合と当院の前処置室(専用トイレ、リクライニングチェアー、テレビ完備)でする場合が選択できます。事前にご承諾があれば、ポリープが発見された場合その場でポリープ切除も可能です。大腸がんの多くは小さなポリープで始まります。その小さなポリープを大腸内視鏡で確認して切除しておくことは大腸がんの予防となります。
検査はできる限り患者さまの苦痛・負担をなくすために①鎮静剤、②腹部膨満の軽減に有用な炭酸ガス送気装置を使用しています。(なお、鎮静剤使用時は安全管理上ご自分で車を運転してのご帰宅は禁止させて頂いています。)

ページの先頭へ

ジオン硬化療法(ALTA)

ジオン硬化療法

「ジオン硬化療法」はイボ痔(内痔核)を切らずに治す、画期的な内痔核治療法です。
これは「脱出や出血を伴う内痔核」にジオン注を投与して痔核に流れ込む血液の量を減らし、痔核を硬く縮小させて粘膜に癒着・固定させる治療法です。この治療ができるのは、四段階注射法の講習会を受けた特定の医師に限られています。
当院では日帰り手術で行っています。所要時間は約30分で、術後は2時間ほど回復室で経過観察をさせていただいてからお帰り頂きます(なお、安全管理上ご自分で車を運転してのご帰宅は禁止させて頂いています)。
また、術後の痛みはほとんど気にならない程度ですが、翌日にはかならず来院して診察を受けて頂きます。お仕事の早期復帰が可能です。長年悩まれてやっとの思いで来院されてジオン硬化療法を受けられた患者さまからは「こんな簡単に治るなら、もっと早くやればよかった。」という声が多く聞かれます。

詳しくはこちら(内痔核治療法研究会)