診療科目

  • 外科(胃腸・大腸・肛門)
  • 内科
  • 血管外科
  • リハビリテーション科

診療内容

胃腸・大腸 胃十二指腸潰瘍、胃・大腸ポリープ、急性・慢性胃炎、ピロリ菌感染胃炎の診断と除菌、腹痛・胸焼け・嘔気・嘔吐などの消化器症状、逆流性食道炎、機能性胃腸症、便秘・下痢などの便通異常、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、胃癌、大腸癌、その他の内臓疾患(肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など)
肛 門 いぼ痔(内、外痔核)、切れ痔(裂肛)、あな痔(痔瘻)、肛門周囲膿瘍、肛門ポリープ、肛門の痛み・かゆみ・出血・できもの
日帰りで切らずに注射で治す内痔核治療(ALTA=ジオン硬化療法)
内 科 かぜ、インフルエンザ、高血圧、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症、痛風、花粉症骨粗しょう症、頻尿、排尿時痛、膀胱炎、尿管結石
外科・血管外科 切り傷・擦り傷、縫合処置、巻き爪、やけど、打撲、みずむし、
皮膚皮下腫瘍(できもの)、下肢静脈瘤、弾性ストッキング治療、
閉塞性動脈硬化症(ASO)
リハビリ科 複合電気刺激装置による肩こり・腰痛症・自律神経失調症などのリハビリ
[SSP(刺さない鍼治療)、FP(パルス治療)、MCC(全身コンディショニング)]
その他 がん検診、国保特定健診、予防接種(インフルエンザ)、健康診断

ページの先頭へ

院長紹介

院長 矢野義明

平成24年10月、浜松市北区三方原町において「やの胃腸肛門外科」を開院させていただきました。 やの胃腸肛門外科 (ロゴマーク) は患者さんと膝を突き合わせて語り合うことをイメージしたものです。
患者様一人ひとりの目線に立った心の通い合う医療を目指します。病気の早期発見・早期治療、また、予防的健康管理に重点をおいて、近隣の病院とも連携を密に取りながら、地域の皆様により適切な医療が提供できるようにつとめる所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

院長 矢野義明

プロフィール

昭和61年
浜松医科大学卒業、浜松医科大学第二外科入局
昭和62年
国立栃木病院 外科
平成1年
湖西総合病院 外科
平成2年
浜松医科大学第ニ外科(血管班所属)
平成5年
引佐赤十字病院 外科
平成11年
国立天竜病院 外科
平成15年
浜松北病院 消化器科・外科
平成21年
浜松南病院 外科
平成22年
松田病院 胃腸科・肛門科
松田保秀先生を師事し、特に肛門疾患の診療・検査・手術の修行をしました。
平成24年10月1日
やの胃腸肛門外科開院

所属学会・資格