院内案内

受付

受付・待合室は、ホテルのラウンジをイメージしたリラックスできる空間を準備させていただきました。
受付スタッフが笑顔とおもてなしの心でお迎えします。お気軽にご相談ください。

待合室

入口正面の中庭とともに窓も大きく天井も高く、ゆったりできる空間の待合室を準備させていただきました。待合のトイレも広々設計、特に女性トイレにはベビー用のおむつ交換ベッドも設置しています。

診察室

患者さまのプライバシー保護を重視しながら、ゆったりと落ち着いて診察を受けていただける診察室です。診察デスクには最新の電子カルテ・画像ファイリングシステムのモニターを設置して迅速な結果説明に努めています。また、診察台は負担の少ない電動式を採用しています。

電子カルテ、画像ファイリングシステム

電子カルテにより患者さまのデータ管理をはじめ会計、処方箋の発行を迅速に行います。また、画像ファイリングシステムには患者さまごとに胃・大腸内視鏡検査、レントゲン、エコーなどの画像データが管理され、電子カルテと互換して瞬時にモニター上で確認、比較検討できます。

前処置、回復室

専用トイレ、テレビ、電動リクライニングチェアーを設置した個室です。大腸内視鏡の前処置や日帰り手術後の回復などに使用していただきます。

手術室

電動で手術体位を変えられる手術台、無影灯、一体型モニター(血圧・脈拍・心電図・酸素飽和度)を装備した日帰り手術専用の手術室です。

ページの先頭へ

設備案内

電子内視鏡

微細な病変も描出できる高画質画像の最新式のフルデジタル電子内視鏡システム(FICE搭載)を導入しました。画像ファイリングシステムと連携しているため、内視鏡検査後すぐに画像を見ながらの結果説明が可能です。

エコー

最新のフルデジタル超音波診断措置です。診察室に設置しておりますので、移動することなく即座にエコー検査が可能です。画像ファイリングシステムと連携しているためエコー検査後すぐに画像を見ながらの結果説明が可能です。

レントゲン装置

最新のデジタルX線撮影装置です。高画質撮影ができ、しかも短時間照射で被ばく量も抑えられます。画像は画像ファイリングシステムに保存されるためフィルムを使用しません。

骨密度測定装置

手の骨(第2中手骨)と基準物質(アルミニウム)を同時にX線撮影し、そのデジタルデータを比較して骨密度を測定します。ネットを利用して骨密度の値が瞬時に出ますので、迅速な結果説明が可能です。

CAVI(心電図、血管年齢、動脈硬化検査)

動脈の硬さの程度(CAVI)と動脈の詰りの程度(ABI)が同時に測定できます。CAVIでは血管の硬さが何歳ぐらいに相当するか、いわゆる‘血管年齢’が分かります。また、同じ機器で通常の心電図検査もできます。

リハビリ装置(複合型)

肩こり、腰痛症、自律神経失調症などのリハビリに効果的です。複合電気刺激装置のため、3種類のモードからの治療が選択できます。SSP(刺さない鍼治療)、FP(パルス治療)、MCC(全身コンディショニング)。お気軽にご相談ください。